相談事例

具体的な相談内容・支援例

相談窓口の事例

いきいき岩手支援財団 岩手県高齢者総合支援センター

  • 事例1:新規参入を検討する開発企業へ介護現場におけるロボット活用事例等を紹介
    相談内容・課題 介護ロボットを開発するにあたり、ロボットが介護現場でどのように活用されているか知りたい。
    支援内容 介護ロボットの自社開発を検討している企業に対し、展示品を用いて既存の介護ロボットの機能・仕様を紹介し、介護現場のニーズを案内する事で、製品開発に向けた企業の情報収集を支援した。
    結果 見守り支援機器の利用者に対するプライバシー配慮の工夫や、厚生労働省が作成している介護ロボット導入活用事例集を用いて、介護現場で介護ロボットがどのように活用されているかを紹介し、ご理解頂く事ができた。
    企業の声 公的な相談できる場所があること知り安心した。今後は、介護現場のニーズ等も含め引き続き相談したい。

リビングラボの事例

スマートライフケア共創工房 ((大)九州工業大学)

  • 事例1:せき損式スライディングボード「つばさ」の有効性評価に関する支援(ジェらートアイらンド社)
    窓口名 スマートライフケア共創工房 ((大)九州工業大学)
    相談内容・課題 (独法)総合せき損センターが開発したスライディングボード「つばさ」を用いた「抱え上げない介護」の場合と、 「つばさ」を用いない「抱えての介護」の場合、それぞれにおいて介護者の腰にかかる負担がどのように異なるか知りたい。
    支援内容 ベッドから車いすへの移乗介助を、ノーリフティングケアを推進する作業療法士が実演する介護動作をモーションキャプチャすることで、有効性の評価を行った。
    3種類の移乗動作
    ① 「つばさ」なし
    ① 「つばさ」なし
    ② 「つばさ」使⽤例1(介助者の捻りあり)
    ② 「つばさ」使⽤例1(介助者の捻りあり)
    ③ 「つばさ」使⽤例2 (介助者の捻りなし)
    ③ 「つばさ」使⽤例2 (介助者の捻りなし)
    結果 第4-5腰椎間の圧縮力を筋骨格モデルシミュレータを用いて推定し、スライディングボードを使用することで圧縮力が平均的に半減することを示した。今後、介護者と被介護者の間、また被介護者とスライディングボードの間に働く力を計測することができれば、実際にはさらに低い腰椎間圧縮力が推定されることが期待される。
    施設の方の声 「つばさ」の使用が有効であることが数値的に示され、大変嬉しく思います。